指揮者 横須賀 義章 

 皆さんこんにちは。茨城大学吹奏楽団(茨吹:いばすい)で指揮者を務めております横須賀義章です。

 茨吹は現在約120人の団員を有し,今回の「冬の演奏会(冬コン)」と「定期演奏会(定演)」を2大自主公演に位置付け,その他有志による夏の吹奏楽コンクール出場,大学祭(茨苑祭)をはじめとする学内の諸行事や各種依頼演奏への参加等,非常に充実した活動を展開しています。

 今回の冬コンの第1部は,四大悲劇で有名な文豪シェイクスピアにまつわる音楽を中心に構成されています。

 私が担当する「シェイクスピア・ピクチャーズ」は,N.ヘスにより作曲された,三つの戯曲「から騒ぎ」,「冬物語」,「ジュリアス・シーザー」を題材にした3曲からなる組曲形式の楽曲です。 「ジュリアス・シーザー」をはじめとする四大悲劇で有名なシェイクスピアですが,「から騒ぎ」や「冬物語」はハッピー・エンドの戯曲となっており,それらの雰囲気も鮮やかに表現されている佳作です。

 その前に演奏される,学生指揮者が担当する「オセロ」は全5楽章からなる大作です。第1部では文豪シェイクスピアの世界を,是非音楽でお楽しみください。

 続く第2部は,ここ数年,“ご来場いただいたお客様に音楽のすばらしさや楽しさを,企画・演出付きで徹底的に楽しんいただく!! ”,というコンセプトによる企画ステージになっています。

 今回は「IBS(いばすい)歌謡祭」と銘うたれていますが,この案内文を書いている現在でも,私にはどの曲がどのような企画・演出で演奏されるのか,全く分かりません。学生たちが,創意・工夫を凝らして,ご来場いただいたお客様に大いに楽しんでいただけるステージになるものと期待しているところです。

 以上,寒さ厳しき折ながら,皆様に是非ご来場いただきお楽しみいただければ幸いと思い,ここにご案内申し上げます。

正指揮者 中野 瑞貴

当団正指揮者の中野瑞貴と申します。

今回、冬の演奏会を開催できることを嬉しく思っています。今年度は、人に何かを訴えかける音楽を目指して、正指揮者を努めてきました。今回の演奏会でも一人でも多くのお客さんに何か心に残る音楽を伝えられたら良いと思います。そして、当団に関わってくださっている方々への感謝を忘れず、演奏させていただきます。

 

副指揮者 黒田 大貴

当団副指揮者の黒田と申します。
私は今年から人生で初めて指揮を始め、たくさんの発見や失敗、時には厳しい言葉を受けながらもとても貴重な体験をさせていただきながら、茨城大学吹奏楽団のためにもっと何か出来ることはないだろうか、と試行錯誤の毎日を過ごしています。
来たる12/22に日立市民会館で行われる冬の演奏会では、今の私たちに出来る精一杯の演奏を致します。今年度の茨吹における最初の大きな演奏会になります。私たちの今できる最高の演奏をぜひ御来場の上、お楽しみください!

 

副指揮者 渡邉 薫

執筆中

 

’19冬の演奏会実行委員長 渡邊 美如々

こんにちは。実行委員長です。
私たち団員は、この冬の演奏会に向けて日々練習に励んでいます。
第一部では吹奏楽の格好良さを存分に味わえるような曲を、第二部ではお客様により吹奏楽に親しんでもらえるよう、多くのポップス曲をご用意しました。
ご来場いただいた皆様にはサンタクロースからプレゼントがあるかも知れません。12月22日(日)、日立市民会館で団員一同心よりお待ちしております。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です